営業時間:9:00~17:00 (年中無休)

中国産墓石の一覧公開!中国産の墓石の種類と特徴を徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -

知っていますか?

今、日本のお墓の約8割が中国産の石材を使用していることを。

なぜ中国産の墓石が人気なのか?

それはバリエーション豊かな色の石材と、リーズナブルな価格にあります。

  • 中国産の墓石ってどんな種類があるの?
  • 石にも品質や特徴があるの?
  • どんな石を選べばいいのかわからない?

今回は、現在多く使われてい中国産墓石の種類を一覧で公開して、墓石の種類とその特徴を徹底解説していきたいと思います。

当社はお墓づくりから霊園の管理運営までおこなうお墓のスペシャリストです。

 

 

「白系」 御影石

G603

  • G603
  • 産地:中国福建省

特徴
中国の代表的な白御影石です。墓石だけではなく建築材などあらゆる分野で使用されている人気の石材です。見た目は純白で清潔感があります。生産量も多く価格も安いですが、吸水率が高いため注意が必要です。

 

 

G623

  • G632
  • 産地:中国福建省

特徴
日本のお墓で最も多く使用されている石材です。見た目は白系で大きな石目が特徴で全体的にやわらかい印象です。生産量が多く、見た目もムラがなく安定しています。価格も安いですが、吸水率も比較的高めです

 

 

AG98

  • AG98
  • 産地:中国福建省

特徴
国産の大島石に似て細かい石目が特徴の人気の石材です。見た目に色ムラや石目のムラが少ないところが良い点ですが、吸水率も高いところが欠点といえます。

 

 

G655

  • G655
  • 産地:中国福建省

ここにトピックのタイトル
国産の稲田石に似ているため「中国稲田」や「新稲田」などと呼ばれることもあります。少し大きい石目で、やわらかい品のある見た目です。生産や品質は比較的安定しています。

 

 

G614

  • G614
  • 産地:中国福建省

特徴
白系の御影石で、見た目は石目が細かくきれいに整っていて、外柵材などでよく使用される石材です。安価で人気の石材ですが吸水率が高いのが欠点です。

 

 

G688

  • G688
  • 産地:中国福建省

特徴
大きくはっきりとした石目が国産の真壁石や青葉石に似ているため、『中国青葉』や「新青葉」などと呼ばれています。品質も安定しているため、人気のある石材です。

 

 

AG213

  • AG213
  • 産地:中国福建省

特徴
高級感のある細かい石目が特徴の白御影石です。白系の中では吸水率も低く、品質も安定しているため、国産墓石の外柵に使用するなど、見た目にも品がある石材です。

 

 

G1790

  • G1790
  • 産地:中国黒龍江省

特徴
採石量が多く、安定して大材が取れるため日本での取り扱いも多い石材です。石目は大きく吸水率も高めなので注意が必要です。

 

 

G632H

  • G623H
  • 産地:中国福建省

特徴
石目が細かく糖目(ぬかめ)と呼ばれる石材です。少し青みがかっていて高級感があり和型墓石などで多く使用されています。しかし吸水率が高く、経年変化が起きやすいのが欠点です。

 

 

グレー系・黒系 御影石

G654長楽

  • G654長楽
  • 産地:中国福建省

 

特徴

G654の中でもこの「長楽」は最も生産が安定しており、広く使用されています。石の層や丁場によって色目や結晶にムラがあるので注意が必要です。

G654には「長楽」「長泰」「角美」「平和」「甫田」と種類があり、採石する丁場により名前が変わります。

それぞれ色合いや石目など特徴があり、価格もグレー系のなかでは比較的安く人気です

 

 

G654長泰

  • G654長泰
  • 産地:中国福建省

特徴
G654のなかで最も結晶が小さく、人気があるのがこの「長泰」です。石目の細かいものと大きいものの差があるので、事前に確認が必要です。

G654には「長楽」「長泰」「角美」「平和」「甫田」と種類があり、採石する丁場により名前が変わります。

それぞれ色合いや石目など特徴があり、価格もグレー系のなかでは比較的安く人気です

 

 

G654角美

  • G654角美
  • 産地:中国福建省

 

特徴

G654のなかで最も色の濃いのがこの「角美」です。ほかのG654に比べ表面に浮き出る結晶が大きくて人気があります。しかし石目も大きく粗いため色ムラが出てしまうところが欠点です。

G654には「長楽」「長泰」「角美」「平和」「甫田」と種類があり、採石する丁場により名前が変わります。

それぞれ色合いや石目など特徴があり、価格もグレー系のなかでは比較的安く人気です

 

 

G654平和

  • G654平和
  • 産地:中国福建省

 

特徴

グレー系で大きめの石目です。生産があまり安定的ではないため割高の価格で流通しているといえるでしょう。他のG654と同様に石目にムラや黒玉があるため注意が必要です。

G654には「長楽」「長泰」「角美」「平和」「甫田」と種類があり、採石する丁場により名前が変わります。

それぞれ色合いや石目など特徴があり、価格もグレー系のなかでは比較的安く人気です

 

 

G654甫田

  • G654甫田
  • 産地:中国福建省

 

特徴

G654のなかでは青味を帯びた色合いで石目も小さく整っている石材です。採石量が少ないため価格も少し高いですが、多く使用されている人気の石材です。

G654には「長楽」「長泰」「角美」「平和」「甫田」と種類があり、採石する丁場により名前が変わります。

それぞれ色合いや石目など特徴があり、価格もグレー系のなかでは比較的安く人気です

 

 

北大青

  • 北大青
  • 産地:中国山西省

特徴

ダークグレーの色調に大きい白い目が特徴の御影石です。G654より硬く吸水率も低いことから、近年人気の石材です。価格も比較的安いですが、性質としては鉄分を多く含むためサビが出てしまうこともあるため、経年劣化には注意が必要です。

 

 

G025細目(河北山崎)

  • G025細目(河北山崎)
  • 産地:中国河北省

特徴

派手さはないですが、濃いグレーの色調に細かい石目が均等に浮かび高級感を出しています。国産の山崎石に似ている点や、美しい見た目から「河北山崎」(かほくやまざき)や「泉花細黒」(せんかほそぐろ)と呼ばれています。やや吸水率が高いのが欠点ですが、グレー系のなかでは一番人気のある石材です。

 

 

山西黒

  • 山西黒
  • 産地:中国山西省

特徴
石目が小さく純黒の輝きが高級感を出していて中国産墓石の中で最高級の石材の一つです。価格は高いですが、その分品質は一級品です。吸水率も低く安定した生産性があります。

 

 

緑系・緑黒系 御影石

G616

  • G616
  • 産地:中国福建省

特徴
色調はグレーがかっている薄い緑色です。石目が細かくなめらかな表面をしています。吸水率も低く性質的にはかなり優秀な石材ですが、少しムラや白線が目立つこともあります。

 

 

G1135(万年青)

  • G1135(万年青)
  • 産地:中国河北省

特徴
中国産墓石の中で最高級の石材の一つです。一般的には「万年青」と呼ばれ、深い緑黒の光沢はとても美しく品があります。品質も申し分ないですが、その分価格も高いです。

 

 

ピンク系・赤系 御影石

G663

  • G663
  • 産地:中国福建省

特徴
日本で使用されている一番代表的なピンク系の御影石です。明るめのピンク色をしていることから「桜御影」などと呼ばれています。近年では生産量が不安定のため価格が高騰しつつありますが女性や若い世代の方には根強い人気があります

 

 

G635

  • G635
  • 産地:中国福建省

特徴
ピンク系で石目が大きい御影石です。G663に比べ見た目が粗く品質も劣りますが、その分価格は安いです。もともとは建材などで使われていましたが、最近では墓石に使用することも増えている石材です。

 

 

G608(赤庵治)

  • G608(赤庵治)
  • 産地:中国福建省

特徴
薄いピンク系の御影石です。石目が細かく表面の斑(ふ)が国産墓石の庵治石に似ていることから「赤庵治」と呼ばれています。和型墓石にも洋型墓石にも合わせやすく人気があります。吸水率が高いところが欠点です

 

 

G354(中国マホガニー)

  • G354(中国マホガニー)
  • 産地:中国山東省

特徴
中国産で数少ない赤茶系の御影石です。吸水率も低く品質は高いですが、丁場によって色調が少し異なるため、事前に確認する必要があります。価格も比較的高めです。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は中国産墓石の種類とその特徴についてご紹介していきました。

このように中国産墓石にはさまざまなバリエーションがあることがおわかりいただけたと思います。

  • 色の種類が豊富
  • 同じような見た目でも性質が全然違う
  • 性質で色ムラや経年劣化が起きる
(株)太平洋福祉はお墓づくりから霊園の管理運営までおこなうお墓のスペシャリストです。お墓のことなら何でもご相談ください。

 

インド産の墓石一覧も公開しています!詳しくはこちらをチェック!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です